読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな世界で生きる

自分の趣味についてつらつらと書いています。主にゲームです。

FGO お月見終了&監獄塔へ向けて

この記事を書いている時点でお月見イベント終了まで1時間程です。

なぜか最近は巷でFGOが盛り上がっているようなので、お月見が初のイベントだった人も多いのではないでしょうか?

以下でお月見の簡単な感想と監獄塔イベへの意気込みを書きます

 

<<お月見イベント>>

まずイベントが始まって最初に思ったのは

敵が思ったより強い

これに尽きます。

初心者の方にはなかなかしんどいイベントとなったのではないでしょうか?

私も初見では、敵のクラスも見ずにランチタイムやモナリザ礼装で突っ込んだところ、瀕死になりました。

最終的には狂金時とイシュタルで超級を周回しており、なんとか礼装も落ちたので団子5000個交換せずにフィニッシュです。

素材交換はイベ礼装をパーティに敷き詰めると団子の泥効率が非常に良かったので、モニュメント以外は全部交換してしまいました。

銀種火も変換でマナプリになるので、余裕の有るイベでは私は銀種火も交換するようにしています。初心者の方は当然、経験値として使うのも良いでしょう。

オリオンの性能強化が無かったのは残念ですが、宝具のボイスがちゃんと聞き取れるようになっただけでも良かったでしょう。

 

<<監獄塔に復讐鬼は哭く>>

FGO初実装のアヴェンジャーである奴が返ってきます。

かなり人気のあるキャラであり、最近知ったのですが、どうやら女性マスターには特に人気のキャラのようです。

私はキライではないですが、そこまで好きなキャラでもありません。

それよりも私が気になるのはチャレンジクエストです。

復刻版からの新要素であり「終局特異点をクリアしたマスターしかプレイ出来ないさらなる高難易度クエスト」という触れ込みなので非常に楽しみです。

本イベのような、前回クリア済みのプレイヤーがあまり楽しめないイベントにテコ入れをしてくれるのは非常に好感が持てます。

ただ、チャレンジクエストは監獄塔ストーリが終わる1月31日以降でないとプレイできないようで、そこだけは不満が残ります。

ネロ祭の高難易度イベが大変楽しく、ネット界隈でも盛り上がっていたので今回もそのようなイベントになる事を願っています。

時間があればエドモンの性能にも触れるかもしれません。

 

聖晶石:22

呼符 :7